2011年01月21日

徳永英明「最後の言い訳」を聴いた外国人の反応


外国人の反応というかほとんどフィリピン人の反応・・・w

Saigo No Iiwake

再生回数:79,094 高評価:119人 低評価:2人 コメント:182

フィリピン共和国
これは時代を超える曲ね!

フィリピン共和国
いいね...

不明
wow...両手でサムズアップ...
とても感動的な声と歌詞..曲をよりセンチメンタルにしてる...
またこんなライブをやって欲しい..

不明
彼の涙で鳥肌が立った

シンガポール
この曲が大好き...

フィリピン共和国
とてもパワフルな感情,,
私の大好きな日本の歌...

アメリカ合衆国 所在地Philippines
私の父がフィリピンバージョンを演奏していたけど、
私は日本語で歌わずにはいられなかった。
両親は変な言葉を喋ってると思って変な風に見てたわ。
私は徳永英明のこの曲の歌い方が好き。
とても感動と感情にあふれている。
彼のハスキーボイスはこの曲に良く合っているわ。

フィリピン共和国
この曲はとても感動するわ..

フィリピン共和国
これはサックスで演奏すると素晴らしくなるんじゃないかな...
今気付いたよ。XD
ハスキーハイトーンボイスが大好きだ。:D

フィリピン共和国
すばらしい...

アメリカ合衆国
これがパフォーマンスというものだ。
彼は魂をこめているよ。
いいね。

フィリピン共和国
ahhh 彼はなぜ泣いてるの? とても悲しい歌

サウジアラビア王国 所在地Philippines
彼は泣いている..woooooohhhh

フィリピン共和国
とても悲しいラブソング...Y_Y

マレーシア
Umai... Honto ni umai desu. Tokunaga san 'Ban Sai'...(原文ママ)

フィリピン共和国
とても純粋で感情にあふれている。
サムズアップ!

フィリピン共和国> (11)
この日本語バージョンはタガログ語バージョンよりはるかにいいわ。
なぜならタガログ語バージョンは"私が永遠に愛するただ一人の人"。
日本語バージョンは"I love you goodbye"。これにはひどく泣いちゃう。

   <フィリピン共和国
   タガログ語バージョンは"Ikaw parin" by Ted Ito

不明> (7)
徳永英明のとても美しくてハスキーな声が大好き。
これはフィリピンのファンも大好きよ。

フィリピン共和国
ted itoのタガログ語バージョンもいい。
けどこれは歌の直訳じゃないんだ...
この歌の本当の翻訳は"THE LAST ALIBI(アリバイ)"
意味は彼から去る前の女性の最後の言い訳..

フィリピン共和国
これは我々の曲 XD
完璧にうまくやったね。オリジナルのタガログバージョンとそしてこの歌も大好きだ。

   <アメリカ合衆国
   オリジナルは日本語のほうだよ。
   これはオリジナルの歌手。
   タガログと英語版はカバーだよ。

フィリピン共和国
これはフィリピンの曲だと思ってたけど、jpopだと今知った...
日本語バージョンのほうがフィリピンバージョンよりはるかにいいね。

フィリピン共和国
この動画はすごい。彼の歌い方は完璧だった...全ての感情と彼の瞳からこぼれる涙。
アメージング........




フィリピンでタガログ語でカバーされているみたいですね。
フィリピンからのコメントが多数で、タガログ語(たぶん)でのコメントも沢山ありました。
しかし、フィリピン版は別れの歌じゃなく純粋なラブソングなんでしょうか?
"私が永遠に愛するただ一人の人"・・・はそんな感じですよね。

フィリピンがオリジナルだと勘違いしてる人もいましたが
アメリカさんからすかさずツッコミが。
自国で流行ったら勘違いする人がいるのも分かりますけどね。


こちらがted itoが歌うフィリピンバージョン。




こちらは女性が英語で歌っていますが、単に個人が歌ってみて映像をつけてUPしたのか、
カバー曲として販売されたのかはよく分かりません。(映像は個人が作ったっぽいですけど)






GooseBumps
鳥肌

can't help but
〜せずにはいられない

spout
3 ((略式))とうとうとまくしたてる.
I was spouting random words.

raspy
1 こする(ような), きしる;耳ざわりな.
His raspy voice fits the song so well.
(今回、ハスキーボイスと訳しました)

note
(2) ((a 〜))(人の)声の調子, 口調, 語気, 語調;考え方, 態度, 様子


posted by こずみっく at 22:47| Comment(9) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もしかしてオジャパメンはフィリピン語なのか
Posted by at 2011年01月22日 00:04
オジャパメンは韓国語だ
Posted by at 2011年01月22日 00:50
徳永英明の声って切なくて好きだー
Posted by at 2011年01月22日 00:59
一回聴いたら絶対忘れない声色持ってるよねこの人
いいわぁ
Posted by at 2011年01月22日 02:32
フィリピン版はオリジナルのカラオケにそのまま声当ててるねw
Posted by   at 2011年01月22日 18:39
てか、いつもアメリカさんツッコミ入れてる気がするな。
Posted by at 2011年01月23日 02:37
フィリピン版も英語版もけっこう良いね。
想像してたよりも違和感がなかった。
Posted by @ at 2011年01月23日 08:45
日本の曲パクッといて自国の曲だと思い込んでる東アジアの土人大杉
ヨウツベ見てるとマジで罵倒してやりたくなる
まあ実際は冷静に指摘するだけどさ
Posted by at 2011年01月23日 12:15
徳永英明ってデビューした頃は凄いデブだったんだよ。
いつのまにか痩せてイケメンになっていたので驚いたw
Posted by at 2011年01月23日 15:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/181846544

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。