2012年02月03日

「失恋の思い出の悲しい歌」 坂本九の「上を向いて歩こう」を聴いた海外の反応


歌詞の違いについては一番最後にまとめてあります。

Sukiyaki---Kyu Sakamoto

再生回数:522,908 高評価:2,457人 低評価:39人 コメント:559


アメリカ合衆国 55歳
私はこの歌を非常によく覚えている。
その時たったの7歳だったけど人気だった。
ありがとう。

アメリカ合衆国 58歳
自分が年を取ったと感じる... ;-)

アメリカ合衆国 60歳
この歌大好きだ。
この歌が最初にチャートに現れたのじゃ1963年だった。
その頃に戻らせてくれてありがとう。

イギリス 51歳
これは人生で一番お気に入りの曲の1つだ。
最初、60年代にジミー・サヴィルが歌っているのを聞いた。
シンプルで美しい。
UPありがとう。

アメリカ合衆国 55歳
これは美しい曲だ

スウェーデン王国 24歳
彼が言ってること誰か分かる?

   <アメリカ合衆国 64歳
   "A Taste Of Honey"が歌っているのを聞いた....
   "愛しい人、君は去ってしまった"
   ...悲しい...彼は1985年に死んだんだ。

   <アメリカ合衆国 26歳
   彼は失恋の思い出について歌ってる。
   星を見上げ口笛を吹こう そうすると涙は落ちないよ。

アメリカ合衆国 62歳
歌詞は理解できないんだけどいつ聴いてもこの曲はいいね

   <ノルウェー王国 27歳
   それなら英語版を聴けばいいよ。
   you took your love away from me(君が愛を持ち去ってしまったから)

   (訳注:英語版の歌詞の一説)

アメリカ合衆国 不明
これを歌おうとしたのを覚えている。
aaah!懐かしい思い出だ!!

アメリカ合衆国 66歳
2012年でもまだ聴けるとは。
1963年の夏に人気だったのを覚えている。
九は1985年に死んだけどこの曲は彼のトレードマークとしていまだ残っている。

アメリカ合衆国 不明
この男はいつもとびきりの笑顔をしていた...
九よ 安らかに<3。
俺は全然知らないし会ったこともないけど
コンビューターの画面をあなたの心を感じることが出来る。
美しい声。素晴らしい男。

   <アメリカ合衆国 63歳
   美しい表現方法だ。
   俺もこの曲以外知らないけど彼の心を感じることが出来るよ。

アメリカ合衆国
この曲は子供時代を思い出す。
歌詞は知らなかったけど悲しい曲だと思った!
村上春樹が1Q84でこの曲について言及している。

アメリカ合衆国 51歳
子供のころ、60年代にこの曲を聴いた。
それから70年代に A taste of honey が歌ってまた好きになった。
それからまた80年代は4pm。
同じ曲の3つの全く違うバージョンを通して、
聞くと父親のことを思いだすので、この曲はいつも私のお気に入りだ。
UPありがとう!
(訳注:正確にはA taste of honeyがリリースしたのは1981年で4pmがリリースしたのは1995年)

   <フランス共和国 48歳
   私もだ。
   日本でこの曲を買ってフランスに持って帰ってくれた父親を思い出すよ。

アメリカ合衆国 31歳
wow
この曲は時代を超えるね!

メキシコ 48歳> (4)
この曲は1963年にヒットした。
その年に自分は生まれた!!! ;)

イギリス 不明
なんという愛らしい声

アメリカ合衆国 18歳
美しい曲...
だれかこのような日本の良い曲をもっと知ってる?
友達に聞いてみたら彼らはボーカロイドしか勧めてこない。
俺はアニメの曲じゃなく本当の歌手が知りたいんだ。

アメリカ合衆国 不明
DAMN !!
彼はハンサムガイね!

アメリカ合衆国 56歳
なぜとても美しい曲を歌うアーティスト達はいつも皆、悲劇的に死んだりするのだろうか?

アメリカ合衆国 52歳> (2)
この曲はアップビートの最も悲しい曲。

アメリカ合衆国 57歳
この曲は私をハッピーにしてくれたし、してくれる。
彼の知ってることが分かればなおさらね。
翻訳してくれた人ありがとう。
(訳注:ローマ字と英語訳で日本語版の歌詞のコメントがありました。)

アイスランド共和国 19歳> (215)
2012年でもまだこれを聴くという人はナイスボタンを!!!!!!

   <不明
   Oh yeah!

   <カナダ 51歳
   音楽には2つのカテゴリがある。
   GOOD と BAD。
   この曲はナイスだ!

アメリカ合衆国 63歳
九が死んでいたのは知らなかった。
1963年当時15歳だった自分はこの曲が大好きだった。

香港 48歳
これが悲しいラブソングだって知ったときはちょっと驚いた。
彼の特別な声はこの曲を本当に良くしている。
他のどのバージョンも比べることが出来ない!




視聴者情報なし




上を向いて歩こうがなぜ悲しい失恋の歌かというのを調べたところ、

ウィキペディアによると
Kyu Sakamoto - Wikipedia, the free encyclopedia

上を向いて歩こうのカバー曲はたくさんあるんですが
英語版のカバー曲で有名なのが
A Taste of Honeyと4 P.Mみたいです。

A taste of honey が歌う Sukiyaki はこちら。(1981年リリース)

A taste of honey - Sukiyaki (classic) 1981




4 P.M が歌う Sukiyaki はこちら。(1995年リリース)

4 P.M. - Sukiyaki (Live)




A Taste Of Honey の英語歌詞はこちら。
SingMe - 無料の洋楽歌詞検索サイト - A Taste Of Honey - Sukiyakiの歌詞

4 P.Mの英語歌詞と日本語訳はこちら。(A Taste of Honeyの英語歌詞と同じ)
スキヤキ(上を向いて歩こう)


つまるところ
A Taste of Honeyが悲しい失恋の歌詞で歌い有名になり、
4 P.Mもその歌詞で歌い、浸透してしまったということだと思います。

個人的に調べただけなので違ってるかもしれませんが。


海外の人は英語版の歌詞で意味を理解して
坂本九の上を向いて歩こうを聴いているのかもしれません。
というかそっちの方が確率は高いのかなと思います。


Kyu Sakamoto - Sukiyaki - Ue O Muite Arukou.


失恋ソングだとしたら坂本九のとびきりのスマイルは似合わないかな。

というかやっぱり「SUKIYAKI」と言うタイトルが違和感ありまくりなんですがw
(「SUKIYAKI」と言うタイトルの理由は↓の「日本以外でのヒット」の項目を参照。
上を向いて歩こう - Wikipedia)

昔のこととはいえもう少し何とかならなかったのかな?





remain
3 (▼進行形不可)[I([副])](…に)残留する, 存続する;残っている;((形式))(まだ…しないで)残してある, まだ…されないでいる
this song still remains as his trademark.

profound
1 〈悲しみ・欲望などが〉深い, 激しい;心からの.
why is it always the artists with the Most Profound beautiful songs are all dead or die tragically?
posted by こずみっく at 00:17| Comment(55) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なみだがこぼれないように
Posted by   at 2012年02月03日 00:34
ないわー
SUKIYAKIはないわー
Posted by at 2012年02月03日 00:41
原曲も悲しい歌なんじゃないの。
Posted by at 2012年02月03日 01:02
高度成長にむかって突っ走ろうって時代に辛気臭い歌だな。
この時代なら、レナウン ワンサカ娘の方がずっといいよ。
Posted by at 2012年02月03日 01:03
俺は辛い日でも他に誰が認めてくれなくても挫けないようにって曲だと思ってる。
Posted by at 2012年02月03日 01:06
>音楽には2つのカテゴリがある。
>GOOD と BAD。
>この曲はナイスだ


3つじゃないかーーーーー!
Posted by at 2012年02月03日 01:07
コメント見るとほんとにヒットしてたんだなw
Posted by あ at 2012年02月03日 01:14
金の卵の歌なんだからまさしく高度成長の一面を現してるんだよね
Posted by at 2012年02月03日 01:24
坂本九の悲劇的最後と重なって
最愛の人を失ったけど、気丈に生きていく歌
こう捉えてしまってた
Posted by at 2012年02月03日 01:35
>友達に聞いてみたら彼らはボーカロイドしか勧めてこない。

18歳の子の友達じゃ仕方ないかもしれないがw
「ふるさと」とかは、こういう外国人には受けが良さそうな気がするけど、どうだろう…
Posted by at 2012年02月03日 01:53
あの飛行機事故は衝撃的だったね。
Posted by    at 2012年02月03日 02:23
原曲に「一人ぼっちの夜」とあるから失恋という意味を汲み取ったのかもね。
Posted by at 2012年02月03日 02:44
A Taste of Honeyは宇多田ヒカルが歌ってるのかとおもった
Posted by at 2012年02月03日 02:48
永六輔によるとなんか学生運動に挫折した若者の心境の歌らしい
Posted by   at 2012年02月03日 03:13
この曲って本当に日本的なものだけど、海外の人たちは日本的な部分に惹かれたわけじゃないみたいんだな

メロディに何を感じたんだろうね??
スキヤキみたいに感じてたんだろうか。
気になるなぁ
Posted by   at 2012年02月03日 03:31
なんでタイトルsukiyakiなんだよ。適当すぎるだろw
Posted by     at 2012年02月03日 03:33
「sukiyaki」は、当時まっさきに日本を連想させる言葉だったからじゃね。
Posted by   at 2012年02月03日 04:19
永六輔が中村メイコ告白して振られた後の情景を詞にしたと自分で言っていた
Posted by at 2012年02月03日 05:58
さすがコメの年齢高いなw
日本語でビルボード1位になるなんて凄すぎるわ
Posted by   at 2012年02月03日 06:32
おい、永六輔いろいろ言ってるな
Posted by at 2012年02月03日 06:39
家族がいても友達がいたって幾つになっても
一人で泣くことあるんだろうなぁー
Posted by   at 2012年02月03日 08:42
この歌好きだなあ
泣きたい時にわざと聴く
で、自分は口笛が上手く出来ないからいつもそこで失敗して自ら吹いて悲しい気持ちENDwww
Posted by at 2012年02月03日 08:47
これは敗戦の傷を癒す、癒しソングですな。悲しさや苦しさ、恐怖もすべて押し殺して生きてきた人々に、ある日おとずれた安息。
もしかすると生き続けることができるかも知れない。

そこに湧きだした悲しみを、上を向いていることで涙を流さないですむ生き方の伝授。
still live Still live song
Posted by o.m at 2012年02月03日 09:43
今の時代にもピッタリですな
震災直前にやってたBOSSのジョーンズさんのCMが凄く印象的だった
「現在ほど下を向いている時代はなかった」
Posted by   at 2012年02月03日 10:18
いつ聞いてもスッと心に沁みてくるいい曲ですよね。
当時、この曲を売るために『SUKIYAKI』としたのはなんとなく理解出来ますが、今現在において考えると、是非とも原題『上を向いて歩こう』として発表しなおして欲しい気がします。
Posted by at 2012年02月03日 10:39
カバーもいい感じで泣けてきた
Posted by at 2012年02月03日 11:47
カバーもいい感じで泣けてきた
Posted by   at 2012年02月03日 11:47
九ちゃんの笑ってる顔しか思い出せない
Posted by at 2012年02月03日 11:51
sukiyakiの名付け親に
何故スキヤキなんだと小一時間ほど問い詰めたい。
Posted by at 2012年02月03日 11:59
まあ悲しい曲調や歌詞ではあるが、未来志向というか上昇志向というか頑張る気にさせる歌だよな。
時代は表してる。
Posted by at 2012年02月03日 12:05
坂本九の歌の魅力は、九さんが義太夫が上手かったことからも偲ばれるそうです。日本調の魅力的な音の踏み方ってやつですね。
Posted by at 2012年02月03日 12:13
西洋文化マンセーだったうちのじいちゃんが
この曲のタイトルがSUKIYAKIって核弾頭レベルの改悪されて以来
「西洋人は馬鹿、汚らわしい」になったらしい
Posted by at 2012年02月03日 12:48
一般的には「春の日」「夏の日」「秋の日」と三つの季節しか出てこないが、坂本九が出演している同名の映画の中には「冬の日」を歌う部分があり、つまりこの歌には4番が存在している。
ここでは「若い僕ら」などのフレーズがあり、全体を通してどういう歌なのかがよくわかるようになっている。
Posted by at 2012年02月03日 13:00
もし、悲しそうに歌ってたら売れてなかったかもね

この笑顔でこの悲しい曲を歌うのがいいのかも
Posted by at 2012年02月03日 13:59
いいじゃん
すきやきってことで、日本食が未来で世界的に流行るようにってことの当時の日本戦略(後のCOOL JAPAN)の布陣だったんだよ〜
そう考えるとSUKIYAKI って歌は偉大すぎるけど、ただし実際に後で流行ったのはすきやきよりSUSHIだったっていう。。。
Posted by at 2012年02月03日 14:51
在米チョンの組織票によるランクインじゃなくて、純粋な歌唱力でビルボードのしかもトップに上った名曲だなw しかもすべて日本語。
チョンは哀れやのぉw
Posted by at 2012年02月03日 17:27
永六輔は、坂本九がこの曲を笑顔で明るく歌うのを
良く思っていなかったってどっかで聞いたような気がする。
Posted by at 2012年02月03日 17:40
永六輔は、坂本九がこの曲を笑顔で明るく歌うのを
良く思っていなかったってどっかで聞いたような気がする。
Posted by at 2012年02月03日 17:40
↑「おふくろさん」なんて作者大激怒からな
作者より歌い手の感性が上回っていたって話
ヒットさせたもん勝ちだろ
Posted by   at 2012年02月03日 17:58
コメントの年齢層たけぇw
Posted by at 2012年02月03日 19:17
OSUSHIじゃなくてまだましだったか
Posted by at 2012年02月03日 19:37
平井堅とのコラボVerも良いよ〜
Posted by at 2012年02月03日 20:15
九さんのオリジナルも好きだけど、4PMバージョンもラジオでよく聴いてたから懐かしす。
ボカロしか薦められない子は拓郎とかさだまさしとか小田和正とかが好きなタイプかな。
Posted by   at 2012年02月03日 22:34
もっとマシなタイトルにすべきだったよなあ。
いくら何でも・・・。
Posted by   at 2012年02月03日 22:59
メインチャートでの1位はアジア人初で、
まだ記録やぶられてないんだっけか。
坂本九さんの功績だ。
Posted by   at 2012年02月03日 23:59
アメリカのインタビュアに「日本のジョークを教えてください」と無茶振りされて、「隣の家に囲いが出来たんだよ」「へえ〜」を披露して翻訳出来ずにに周りがぽかーん状態だったなあ。
Posted by at 2012年02月04日 00:24
>何故スキヤキなんだと小一時間ほど問い詰めたい。

まあとりあえずwikiくらい読んでから書き込めや
Posted by at 2012年02月04日 00:30
>この時代なら、レナウン ワンサカ娘の方がずっといいよ。

Oh…MOURETSU…。
山本リンダの歌とかマスプロアンテナのCMとかも熱い(というか
暑苦しい)時代だったな、その頃幼児だったけど。
ライブウェイに春が来てプールサイドに夏が来たあの時代だが
今はどこに冬が来てるんだ。
Posted by at 2012年02月04日 06:57
私の中では童謡感覚です。聞くと落ち着くってゆうか‥
カラオケで歌うんじゃなく、日常生活で口ずさむ感じです。
まぁ上を向いても涙は溢れるんだと小さい時に思いました。
意外と複雑な歌詞で、今だに理解出来てません。
Posted by at 2012年02月04日 08:49
コスタリカに遊びに行ったとき、
日本の歌だからと近くのおばちゃんが歌ってくれましたw
言葉は分からなかったけど嬉しかった〜
Posted by   at 2012年02月04日 10:51
スキヤキ・ソングってのは最初に英訳されたときの歌が

あの赤坂で芸者と食べた スキヤキの味が忘れられない

みたいな歌詞に超訳されたからだ。そんでそれがヒットしたからだ。

日本もおんなじことやってるだろ、郷ひろみのアチチとか。

アップサイドインサイドナウ(元はサッカーの歌)

アチチ アチ 燃えているんだろうか
Posted by ななし at 2012年02月04日 11:26
>ボーカロイドしかすすめてこない

うわ、切ない…。
クラシカルな歌謡曲を聞きたい外国人と、ボーカロイドしか知らない日本人とのすれ違いか。
Posted by at 2012年02月05日 19:32
今の細分化されたビルボードじゃないからなおさら凄いわ
しかも80カ国以上でカバーされたんだよな
Posted by at 2012年02月05日 23:00
>↑「おふくろさん」なんて作者大激怒からな
>作者より歌い手の感性が上回っていたって話
>ヒットさせたもん勝ちだろ

>Posted by   at 2012年02月03日 17:58
横に逸れるが「おふくろさん」の当初は出だしの部分には歌詞が付いていなかった
で、ヒットした後に森が出だしの部分に歌詞をつけた。
ヒットさせたもん勝ちなら作者の川内広範は激怒して良い
Posted by   at 2012年02月08日 07:09
NHKが土曜日夜やっていた 夢で逢いましょう の番組終了時に歌う、その月のテーマ曲かで歌ったのが最初だったような。子供の時、テレビの前だが、リアルで聞いた。当時すべて生放送だから、世界で初めて聞いた一人になるような。
歌いながら通学した子供時代を思い出す。
Posted by at 2012年05月05日 16:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/250074859

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。